ゆず

ゆず岩沢厚治は天才!歌うまいけど音域は?高音がうるさいとの声も!

ゆずの岩沢厚治さんは、ファンから天才的だと言われています。そんな岩沢厚治さんの天才的な理由について調べてみました。

歌がうまいけれど音域はどのくらいなのか、キンキンとした高音がうるさいという声もあるようで、併せてご紹介します。

 

紅白歌合戦2020見逃し配信無料動画フル|公式NHKオンデマンドをお得に見る方法2020年12月31日(木)午後7時30分から午後11時30分まで放送される「第71回NHK紅白歌合戦」の見逃し無料動画配信を見る方法を...
ゆずのライブ動画DVD映像フルを無料で見る方法とサイト!PV・MV・コンサートも!〝ゆずファン〟なら誰でも、「ゆずのライブを観たい!」と思いますよね!? でも「ライブは高くて行けない」とか、「そもそもチケットが取...
ゆず(歌手)の名前の由来や意味は?デビュー年齢は何才?メンバー二人の名前や関係も!ストリートミュージシャン出身のこのグループを知らない人はいないくらい圧倒的な人気を誇る「ゆず」ですが、なぜ名前が「ゆず」なのか?誰でも一...
ゆず北川じゃない人は岩沢厚治!年収や性格や身長・嫁や娘の画像は?フォークデュオのパイオニア的存在のゆずは、北川悠仁さんに注目が集まることが多く、岩沢厚治さんのことを「北川じゃない人」と、認識している人...
ゆず岩沢厚治の実家の岩沢接骨院・岩沢道場の住所!父親・母親・兄弟も調査!フォークデュオのゆずの2人は、横浜市磯子区出身で小中学校の同級生です。この地は、ゆずのファン「ゆずっこ」の聖地と言われてて、2人の通って...
ゆず岩沢厚治の髪はハゲて増毛?若い頃の画像と比較!イケメンでかわいい?2020年3月4日(水)に、15thアルバム『YUZUTOWN』をリリースするゆずの高音を担当する岩沢厚治さんは、1976年10月14日...

岩沢厚治は天才!

ゆずの高音を担当する岩沢厚治さんですが、ファンからは天才と呼ばれています。

歌声

天才と呼ばれている理由の第一番に登場するのが、「歌声」です。ゆずの曲を代表する高音は岩沢厚治さんが担当しています。

また、岩沢厚治さんは、地声と裏声の間の歌いにくい音を出すミックスボイスを元来持っているようで、自由自在に高い音を出せるようです。

岩沢厚治さんの天才的な歌声を分析しているサイト等ありますが、聴いてわかる通り、真っ直ぐで、クセがなく透き通る歌声というのがポイントですよね。あの歌声は唯一無二です。

岩沢厚治さんは愛煙家との情報もあり、タバコを吸う人でもあんなに高い声が出るの?とビックリします。また、タバコのせいで、あの高い声が出なくなるかもしれないと心配する声も多くありました。

https://twitter.com/y_u_z_u__14/status/976516713956044800

作詩作曲

ゆずの曲は、北川悠仁さんが作詞作曲を担当したり、岩沢厚治さんが作詞作曲担当したりしますが、ファンではなくても聴いたことがある、ゆずの曲は大体、北川悠仁さん作の曲です。

しかし、岩沢厚治さんが天才と呼ばれている理由に「作詞作曲」があります。岩沢厚治さんの作る曲は、マニアックで、天才的な曲だと言われているようです。

タイアップ曲になった岩沢厚治さん作の曲は、2011年に公開された映画「銀の匙 Silver Spoon」の主題歌に起用された「ひだまり」や、2015年にリリースした「ポケット」(サッポロビール2015年企業CMソング)などがあります。

岩沢文学

岩沢厚治さんの作詞した詩が「岩沢文学」と言われていることから、天才と呼ばれている理由が分ると思います。

岩沢厚治さんが作詞した詩は、何を言っているか分らない、難解すぎる、謎めいている、奥深いと言われていて、岩沢文学を研究する人もいるようです。

そんな中、岩沢厚治さんが書いた曲「from」は、2010年にリリースされた32枚目のシングルで、こちらも岩沢文学になると思いますが、それと同時に、この曲の中に入っている音に都市伝説的なことがあり、聞こえる人と聞こえない人がいるそうです。

その音とは「犬の鳴き声」だとか。(岩沢さん曰くベース音とのこと)

このPVには、犬の鳴き声も犬の鳴き声に似たベース音も入っていませんので、ご注意ください。

歌うまいけど音域は?

中学時代から同級生だったゆずの2人は、学生時代は教室でハモっていて、当時ヒットしたとんねるずの「情けねえ」を歌っていたそうです。とんねるずは、木梨さんが高音を担当していますので、岩沢厚治さんが木梨役だったのでしょうね。

高音ボイスの岩沢厚治さんでも、「この高さ、出るのかな?」と疑問に思った曲があったようです。それは、2012年にリリースした「with you」で、日本生命のCMソングとして北川悠仁さんが作りました。

北川悠仁さんがこの曲を持ってきた時に、信じられないくらい高いと思ったそうですが、なんとか高音を絞り出したとのこと。また、音程の高低差が相当あってひとりでは難しいけれど、2人で歌う曲だと感じたようです。

高音がうるさいとの声も!

岩沢厚治さんの天才的な「高音」ですが、うるさいとの声もあります。あまりにストレートな高音で、キンキンと聞こえる人は、苦手な高音になるようです。

とは言っても、岩沢厚治さんの高音が聞こえないとゆずではなくなってしまうような気もしますね。

まとめ

岩沢厚治さんについて調べました。岩沢厚治さんはファンから天才だと言われていることや、歌うまいけど音域はどのくらいなのか、高音がうるさいとの声があることもご紹介しました。

ゆずは、2020年3月にはニューアルバム「YUZUTOWN」をリリースしていますので、ぜひ岩沢厚治さんの「天才」を再確認してみたいですね。